新役員候補

創薬・製薬に詳しい経営経験者、創薬・製薬の業界で有名で最先端のがん治療薬の研究開発に携わっているスペシャリスト、バイオ業界に詳しく、株主視点など幅広い視点で物事を考えられる法律のプロを新役員候補として提案しています。

また、今までラクオリア創薬にはいなかった女性の役員も候補とし、ダイバーシティがある、ガバナンスが効いた経営体制となっています。

取締役候補者(3名)

武内 博文

— 取締役 候補

メガファーマが注目する「標的タンパク質分解誘導薬」のスタートアップ共同創業者

代表取締役候補として経営面で強いリーダーシップをとる

土屋 裕弘

— 取締役 候補

大手製薬会社の経営など豊富な経験

グローバルな幅広い見識からのアドバイス

渡邉 修造

— 取締役 候補

イオンチャネル創薬のスペシャリスト

研究担当の取締役として研究面で画期的な新薬創出に取組む

取締役候補者(監査等委員)(3名)

宇津 恵

— 取締役(監査等委員) 候補

がん研究・臨床開発のスペシャリスト

大手製薬会社の研究開発出身
研究開発からライフサイクルマネジメントまで幅広くアドバイス

石井 幸佑

— 取締役(監査等委員) 候補

財務、経理のスペシャリスト

大手監査法人出身
複数のバイオベンチャーでの経歴

柿沼 佑一

— 取締役(監査等委員) 候補

創薬ベンチャー投資、法律のスペシャリスト

株主目線からのチェック
法律家としてのチェック

補欠取締役候補者(監査等委員)(1名)

高木 明

— 補欠取締役(監査等委員) 候補

多角的な視点で戦略を考えられる公認会計士

複数の有名企業の社外監査役実績

成長戦略へ